田七人参サプリに副作用ってあるの?

「漢方は副作用が恐い」という理由で、漢方を飲むことを躊躇してしまう人も多いようです。確かに、漢方は効果が高い分、副作用も多い場合があります。

 

では、田七人参サプリの場合、副作用はあるのでしょうか。そして、副作用があるとしたら、どのような症状が現れるのでしょうか。

 

田七人参サプリを飲んだら、眠気や頭痛がきた!?

田七人参サプリを飲んだ人の中には、「飲んだ後、眠気や頭痛に苦しんだ」という人も少なくありません。しかも、この症状は3日間くらいは続いてしまうため、そこで田七人参サプリの服用をやめてしまう人もいるようです。

 

やはり、漢方である田七人参のサプリは、副作用があるのでしょうか?

 

いいえ、田七人参サプリを飲んだ後に起きる眠気や頭痛は、副作用ではないのです。ですから、安心して服用を続けてくださいね。

 

眠気や頭痛は好転反応

では、田七人参サプリを飲むと、なぜ眠気や頭痛が起きるのでしょうか。

 

実はこれらの症状は、副作用ではなく、好転反応なのです。好転反応とは、体が良い状態に戻り始める時に起きる「揺り戻し」のようなものです。

 

今までは、体が「悪い状態でい続けること」に慣れてしまっていました。ところが、田七人参サプリを飲むことで、体が、今までとは正反対の「良い状態」へと向かおうとし始めます。これに対して体が、「慣れていない状態に向かいたくない!」と抵抗を始めるのです。

 

この抵抗が、眠気や頭痛という好転反応として現れるのです。

 

言い換えれば、好転反応が起きたということは、「体が良い状態へと向かい始めたという証拠」であると言えます。

 

好転反応が起きたら、どう対処すればいい?

「眠気や頭痛が起きるのは、体が良い状態に向かっているから」と言われても、これらの症状が何日も続いてしまったらつらいですよね。中には、日常生活に支障が出るほど、好転反応の症状に苦しむ人もいます。

 

そのつらさのあまり、田七人参サプリを飲むことをやめてしまう人もいますが、それは少し待ってください。

 

服用をやめてしまうと、体がまた元の悪い状態に戻ってしまいます。そのため、服用をやめるのではなく、しばらくの間、量を減らすという形を取ってみてください。そして、症状が軽くなるかどうか、様子を見ましょう。

 

もし3日以上症状が改善されない場合は、病院へ行ってみてください。

 

ちなみに、食生活が乱れていて、栄養がしっかり取れていない人が田七人参サプリを飲むと、好転反応の症状が強く出る傾向があります。

 

また、「持病があり、毎日薬を飲んでいる」という人も、薬と田七人参サプリの相性が悪いと、好転反応の症状が強くなるようです。

 

このようなケースの場合は、必ず病院へ行き、医師の指導を受けることをおすすめします。