わたしが飲んで効果を感じた田七人参サプリの体験談

私は若い頃から、虚弱体質と高めの血圧に悩んでいました。でも、40代に入るまでは、仕事や家事・子育てを何とかこなすことができていました。

 

ところが、40歳を過ぎてから、急に体調に変化が現れるようになってしまいました。特に感じたのは、「何をしてもすぐに疲れてしまう」という症状が、以前よりも頻繁に起きるという点です。

 

今、仕事で役席に就き、大事な仕事を任されることも多いため、「この状態が続いたらつらい!」と日々悩んでいました。

 

そこで、試してみようと思ったのが、田七人参のサプリです。効果抜群な漢方として有名な田七人参のサプリなら、私の悩みを解決してくれるのでは?と思って、飲み始めてみたのです。

 

これをきっかけに、田七人参や漢方についても興味を持ち、色々と勉強し始めるようになりまた。

 

そこで、私が得た田七人参や漢方の豆知識を、ここで紹介していきます。

 

田七人参とは?漢方なの?

田七人参の歴史

田七人参は、人参の中でもかなり古い歴史を持っていると言われています。この地球上には2億5千万年前から生息しているとのことで、私たち人類よりもはるかに長く地球上で生きているのです!このような背景から、田七人参は、「世界で最も古い人参」として有名になっています。

 

田七人参は、中国を中心としたアジア諸国では、かなり昔から医療現場で使われるようになったと言われています。特に中国における田七人参の歴史は古く、何と、「三国志」の時代から使われていたという記録も残っています!

 

ところが、田七人参が日本に入ってきたのは、戦後である昭和30年代です。アジア諸国では、価値ある人参として昔から有名でしたが、日本で使われるようになったのは、実はごく最近なのです。

 

田七人参の産地

田七人参は、生育条件が限られているため、残念ながら日本では採ることができません。田七人参は、中国の雲南省と広東省の山岳地帯という、限られた地域でしか採ることができないのです。

 

田七人参は、標高1500〜2000メートルの地域で、尚且つ、雨が多く、1年を通じて15〜19℃くらいの気温でないと、育つことができないのです。この話を聞いただけでも、とても希少価値が高いということがわかりますね。

 

また、産地である中国の雲南省や広東省の山岳地帯に種を蒔いたとしても、その年に収穫できるわけではありません。田七人参は、3〜7年という年月をかけて、ジワジワと育っていくものだからです。

 

このように、「生育条件が整った土地でしか育たない」「育つのに年月がかかる」というのが田七人参です。この点を見ても、他の人参とはかなり一線を画しているということがわかりますね。

 

田七人参の主要成分

健康に大きく役立つと言われている田七人参ですが、具体的に、どのような成分が健康に良いのでしょうか。そこで、田七人参の主要成分について触れていきたいと思います。

 

  1. まず触れておきたい成分は、有機ゲルマニウムです。

    有機ゲルマニウムは、「健康に良い」ということで一時期ブームになった「ゲルマニウム温浴」に使われている成分と同じです。

     

    この成分が、体の免疫力を大きく高めてくれるのです。

  2.  

  3. 次に挙げられる主要成分は、生活習慣病の予防には欠かせない成分のサポニンです。

    そのサポニンが、田七人参にはとても豊富に含まれており、肥満や糖尿病などの生活習慣病を防ぐのに大きく役立ってくれるのです。

     

    また、人間の体内の細胞は、年齢と共に錆びついてしまい、体の様々な器官に悪影響を及ぼします。この流れを喰い止めてくれるのも、サポニンなのです!サポニンには、体内の細胞の老化や錆びつきを防ぐという働きがあります。

     

    そのため、体内の機能の活性化や血流の促進などにも、大きな効果を発揮してくれると言われています。

  4.  

  5. 最後に紹介したい主要成分は、田七ケトンです。

    あまり聞き慣れない名前ですが、それもそのはず!実は田七ケトンは、田七人参にしか含まれていない特有の成分なのです。

     

    この田七ケトンは、主に血液に働きかけるという特徴を持っています。その結果、血液をサラサラにしたり、血液中の状態を正常なものに整えてくれる効果が期待できます。

     

    更に、止血効果もあるため、「生理の時、出血が多過ぎる」という人にも効果的であると言われています。

 

田七人参の効果

田七人参は体の様々な悩みを解決してくれますが、服用することによって、具体的にどのような効果が得られるのでしょうか。

 

そこで、田七人参の効果・効能について5つほど紹介していきたいと思います。

 

肝臓機能を正常にする

田七人参には、サポニンという成分が豊富に含まれています。このサポニンには、低下してしまった肝臓機能を正常に戻す働き・肝臓の炎症を抑える働きがあります。

 

また、アルコールなどで傷んでしまった肝臓の細胞を修復するという効果も期待できます。このような優れた効能から、肝臓疾患の治療に使われることもよくあります。

 

免疫力を高める

田七人参に含まれている有機ゲルマニウムには、体内の免疫力を高める働きがあります。そのため、田七人参は、感染症の予防にとても効果的であると言われています。

 

また、免疫力を上げることで、がん予防などにも効果が期待できます。
有機ゲルマニウム効果

 

更年期障害の症状の改善

田七人参に含まれているサポニンとギャバには、更年期障害を様々な角度から改善する働きがあります。

 

サポニンは、自律神経のバランスを整える成分であるため、倦怠感やのぼせ・冷えなどの症状を改善してくれます。そしてギャバは、脳の興奮を抑制する働きがあるため、イライラ感を鎮めてくれる効果が期待できます。

 

コレステロールや中性脂肪を分解する

田七人参に含まれるサポニンには、過剰に蓄積したコレステロールや中性脂肪を分解する働きがあります。

 

そのため、生活習慣病の改善や予防に、大きく役立つと言われています。

 

蓄積した疲労を解消する

田七人参を服用すると、疲労回復の効果も期待できます。田七人参には、エネルギーを作り出す成分・ストレス耐性を高めてくれる成分が豊富に含まれています。

 

疲労が蓄積した時に服用すると、これらの働きにより、すぐに疲労を解消することができます。

 

わたしが効果を感じた田七人参サプリを紹介

nu有機田七人参サプリの特徴

価格 2,980(初回限定)円
評価 評価5
備考 純度100% サプリ!漢方薬専門店が作った田七人参サプリ

 

白井田七人参サプリの特徴

価格 3,980(初回限定)円
評価 評価4.5
備考 知名度抜群!15日間の返金保証付きで安心

 

田七人参の一日の摂取量

田七人参が体に良いからと言って、1度に大量に摂取してはいけません。では、田七人参は1日にどのくらい摂取したら良いのでしょうか?

 

田七人参の1回分の摂取量は、大体1〜2gくらいとされています。そして、1日に2〜3回程度は飲んでも大丈夫であるとされています。このことから考えて計算してみると、1日の摂取量は合計3〜6g程度にしておくと良さそうですね。

 

田七人参のサプリを飲む場合は、1回につき何錠まで服用して良いかがパッケージに記載されています。サプリの場合は、1回の服用量はメーカーによって違うので、その注意書きに従いましょう。

 

そして、粉末・サプリいずれの場合も、摂取する時は、できるだけ水を多めに飲むようにすると、より吸収しやすくなります。

 

但し、「1回分飲み忘れた!」という時は、忘れたままにしておきましょう。忘れた分を補おうとして、一気に大量の田七人参を摂取するのはNGです。このような飲み方をしても副作用が出るわけではありませんが、適切な飲み方ではありませんよね。

 

田七人参の口コミ評判

健康に効果が高いと評判の田七人参サプリですが、実際に飲んだことがあるという人は、どのような効果を実感したのでしょうか。

 

そこで、田七人参サプリについての口コミをまとめました。
管理人の体験談は、こちら → 田七人参サプリ体験談【画像付き】

 

ポジティブな口コミ

田七人参のサプリを飲み始めて1週間くらい経った頃から、更年期障害のホットフラッシュの症状が少しずつ改善されてきました。それに伴い、大量の発汗や喉の渇きの症状も徐々に治まり、毎日の生活でのストレスが減りました。

 

若い頃からの大量飲酒の習慣で、肝臓機能が低下しているせいか、すぐに疲れやすくなるのが悩みの種でした。

 

しかし、数ヶ月くらいの間、田七人参のサプリを飲み続けていたことで、倦怠感やめまいの症状が少しずつラクになってきました。「もしかしたら肝臓機能が少しずつ改善されたのでは?」と嬉しくなりました。

 

糖尿病を患い、「常に血糖値が高い」という状態に悩まされてきました。どんな薬を飲んでも血糖値の変化がなく、諦めていたところ、田七人参のサプリに出会いました。薬ではないため、即効性はありませんでしたが、粘り強く3〜4ヶ月飲み続けた結果、少しずつ血糖値が下がってきたことが実感できました。

 

諦めずに地道に飲み続けていけば、少しずつではありますが、体の状態は確実に変わっていくのですね!体の変化を楽しみに、これからも飲み続けていこうという気持ちが生まれました。

 

前々から疲れやすく、毎朝スッキリ起きることができないのが大きな悩みでした。そこで、田七人参サプリを1ヶ月ほど毎日飲み続けた結果、寝起きの倦怠感が少しずつ消えていくことが実感できました。

 

以前よりもすんなり起きることができるようになり、毎朝のイライラも減って、助かっています。

 

ネガティブな口コミ

「血糖値が下がる」と聞いて田七人参のサプリを飲み始めましたが、思ったような効果は得られませんでした。

 

実は、田七人参の効果を期待し過ぎ、運動や食事の調整を全くせずに、サプリだけで血糖値を下げようとしてしまったのです。でもやはり、サプリに依存するだけでは、期待した効果は得られないようです。

 

「効果が高いサプリであっても、サプリだけに頼っては意味がない」ということがわかりました。

 

服用後に起きる「好転反応」が少しつらかったです。

 

「体の状態が改善されている証拠だ」ということはわかっていても、忙しい時に好転反応が出てしまい、倦怠感や眠気が我慢できなくなることに、少しストレスを感じました。

 

私が飲んだサプリは、「1日に10粒以上飲まなくてはならない」というタイプでした。そのため、「1日に何粒も飲まなければ効果がない」という思いがプレッシャーになってしまい、ストレスを感じてしまうこともしばしばでした。

 

1日に何粒飲むタイプなのかは、メーカーによって違うようです。なので、サプリにも色んな種類があるので、買う前にもう少し調べれば良かったかな・・・と少し後悔しました。

 

田七人参サプリ口コミの総評

全体的に見てみると、ポジティブな口コミを寄せている人が多いようです。それだけ田七人参のサプリは、高い効果が期待できるということがわかりますね。

 

但し、最低でも数ヶ月は飲み続けなければ効果が期待できないので、諦めずに地道に飲み続けることが大切であることもわかります。効果の感じ方は個人差が大きすぎますよね。

 

わたしの場合は、元々虚弱体質だったせいなのか、はたまたあまりにも疲れていたのかはわかりませんが、1回飲んですぐに効果を感じました。

 

なにせ、栄養ドリンクでも半分ほどで十分な効果を感じるため、1本も飲めません。

 

ですので、わたしのように即効果を感じる人もいれば、そうでない人もいらっしゃいます。なので、ネガティブな口コミもゼロではありません。

 

けれど、

  • 「買う前に商品をきちんと調べておく」
  • 「サプリだけに頼らない」
  • 「好転反応にうまく対応するように意識する」

といった工夫をすれば、ストレスなく田七人参のサプリを飲み続けられるでしょうから、その上で判断もできるのではと思います。

 

ちなみに、一般的に何かしら変調を感じるのは、3ヶ月から半年くらいなようです。なので、やはりわたしは特異体質なようですね^^;